私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


今、何をすべきか。

カテゴリ:次元上昇

本日のセッションで、「今、景気が悪くて仕事も少し減っていて先行きが不安なのですが、どう過ごせばいいのでしょう」と尋ねられました。

私たちは、確実に進化しようとしています。

進化の渦中にいる現在、さまざまな揺れが私たちに降りかかるのは仕方がありません。

今をどう生きればよいか ――― その答えは、今、自分自身を見つめる絶好のチャンスだと言えます。

景気が悪化して、立ち止まらなければならない今だからこそ、じっくり自分と向き合えます。

時代は、分離から融合へと動いています。

融合は、全体的なことにも言えますが、自分自身の融合も同時に進もうとしています。

つまり、自分の気持ちに逆らうようなことを自分に強いることは、時代の進歩に合いません。

そのために、今、自分をじっくりと見つめることが必要です。

それを今、するか、どうか、が、試されています。

その差は、どうしても将来、歴然としてくるでしょう。

今、自分自身を見つめてあげてください。

メルマガ、体系化。

カテゴリ:日記

私は、毎週メルマガを発行しています。
もう4年くらい書き続けています。

それは、日々のチャネリングから得る自分自身の学びを記しています。

毎週、思いつくまま書いてきたのですが、先週(2月20日)から「人生を成功させる条件」というテーマで書き始めました。
しばらくこのテーマに沿った内容を書こうと思っています。

それは、そのテーマで、これまでの学びを体系化してみたいと望んだからです。
でも、現実はなかなか難しい・・・・・。

まあ、難しいので、やり甲斐があるとも言えるのですが。

このテーマで書き続けて、ある程度ボリュームが出てきたら、再度、内容を精査して、しっかりとしたものに仕上げたいとも考えています。

目標は20本、と思いますが、どうでしょう・・・?
挑戦してみます。

自分を変えたいのなら

カテゴリ:自分育て

我が家の子どもたちは3歳違いなので、昨年は卒業と入学が重なりました。
昨春、上の子は中学から高校へ、下の子は小学校から中学へと、それぞれ進みました。

そして1年が経とうとしているのですが、それぞれ、高校生は高校生らしく、中学生は中学生らしくなったな、と感じます。

つまり、環境が、本人たちをそれらしく変えたのですね。

「変化」は、本人がその環境を変えていく、という場合と、環境が本人を変えていく、という場合の両方があります。

現状に満足できずに「変わりたい」、「成長したい」と望んでいて、でも、どう変わればよいのかがつかめないのなら、思い切って、環境を変えてみるのも効果があると思います。

問題を起こす育てにくい子は家族を救う天使

カテゴリ:親子

昨日と今日は、「親子関係」についてお話しました。

親は、育てにくかったり、何か問題を起こす子どもは、苦労させられる、大変だと思いがちです。

しかし、そういった子どもこそ、その家族を救ってくれる天使なんです。

子どもが学校など家の外で何か問題を起こすのは、学校に問題があるのではなく、家庭に、家族間に問題がある場合がほとんどです。

そこで、問題を起こす子どもは、今、家庭を、家族を見直す時だよ、と教えてくれているのです。

親は、どちらももちろん大切ですが、そういった時は、特に母親の役がとても大きいです。

いずれ、親子関係について、メルマガにまとめてみたいと思っています。

WEBマガジン4月に登場していただける方を募集します。

カテゴリ:インフォメーション

今年1月からWEBマガジン「人生×喜びマガジン」を私のホームページに掲載しておりますが、4月に登場していただく方を募集いたします。

今までに私のチャネリングを受けていただいた方にお願いいたします。

このマガジンの主旨は、双方の宣伝です。

まず、登場していただく方に、チャネリングを受けていただいた動機、そして、そのご感想、最後に、その方の今後のお仕事の計画や夢などを対談形式でお話していただきます。

対談の所要時間は約1時間半で、場所は、いつもチャネリングを行っている私どもの事務所(JR京浜東北線の大森駅すぐ)です。

日時は、土、日、祝は、午前、午後どちらもOKで、平日は、月曜か金曜の午前です。

お名前(実名)、プロフィール、そしてお顔が写真で掲載されますので、それを承諾していただける方にお願いいたします。

応募される方は、お名前、②チャネリングをいつ頃受けていただいたか、③現在のお立場(職業等)、④4月のいつ頃がよいかを、(有)T&Kオフィス事務局へメールでお願いいたします。

追って返信させていただきます。

京都のお菓子

カテゴリ:おみやげ

本日、大阪からいらした方から京都のおみやげをいただきました。

黒糖の甘さがほどよい、小さなお饅頭です。
とても上品です。

桧扇という植物の実を表現したお菓子だそうです。

そこのところを味わって食べた方がいいのでしょうが、一口でパクッといっちゃってます。
情緒がありませんね。

体験を重ね、自信を深める。

カテゴリ:人生論

私がメルマガを書いたり、ブログを書いたりする源は、日々のチャネリングです。

そこで、受けるご相談の内容や、それへのメッセージを自分でも聞く、という体験が、文章を書く力を与えてくれます。

そういった体験がなければ、「人生」について、いろいろと書くことはできないでしょう。

そこから、やはり人生には、何よりも体験が必要と感じます。

私たちは、この人生で自分自身を体験しにきた、と言えるでしょう。

体験するには、心に浮かぶ欲求を素直に行動に移すことが必要です。

その行動の積み重ねで、私たちは人生を学習していきます。
そして、そこに自信を深めていきます。

「自信がない」と心細いのなら、今すぐ行動することです。

自信は、他人が与えてはくれません。

人生を力強く歩んでいくには、生き甲斐を持って日々を過ごしていくには、体験を重ね、自信を深めていくことです。

WEBマガジン VOL.4発行です。

カテゴリ:インフォメーション

WEBマガジン「人生×喜びマガジン VOL.4」発行しました。

今号は、西村 暁実さんとの対談です。
どうぞご覧ください。

今年1月からWEBマガジン「人生×喜びマガジン」を私のホームページに掲載しておりますが、4月に登場していただく方を募集いたします。

今までに私のチャネリングを受けていただいた方にお願いいたします。

このマガジンの主旨は、双方の宣伝です。

まず、登場していただく方に、チャネリングを受けていただいた動機、そして、そのご感想、最後に、その方の今後のお仕事の計画や夢などを対談形式でお話していただきます。

対談の所要時間は約1時間半で、場所は、いつもチャネリングを行っている私どもの事務所(JR京浜東北線の大森駅すぐ)です。

日時は、土、日、祝は、午前、午後どちらもOKで、平日は、月曜か金曜の午前です。

お名前(実名)、プロフィール、そしてお顔が写真で掲載されますので、それを承諾していただける方にお願いいたします。

応募される方は①お名前、②チャネリングをいつ頃受けていただいたか、③現在のお立場(職業等)、④4月のいつ頃がよいかを(有)T&Kオフィス事務局へメールでお願いいたします。

追って返信させていただきます。

ご応募が多数の場合は、誠に勝手ではありますが、私どもの方で登場していただく順番等は決めさせていただきます。
それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

三井家のおひなさま

カテゴリ:趣味

今日は「ひなまつり」ですね。

我が家には、娘のひな人形はありますが、もう今は飾ってはいません。

それで、三井記念美術館の「三井家のおひなさま」展を先日、見に行きました。

さすが、もと財閥、優雅でしたよ。
お道具も本物みたいで、手が込んでいて、うっとり、でした。

三井家に嫁いだお嫁さんの花嫁道具として、ひな飾りは持っていったそうです。
また、嫁いで1年たつと、お嫁さんのために新しいひな飾りが用意されたそうです。

最近は、あのひな人形のお顔がこわい、という若い親が多く、リカちゃん顔のおひな様が売れている、と聞きました。

それもかわいいですが、もう若くない私は、やはり、あのお顔のおひな様がいいなあ、と思います。

夢に出ても、出なくても

カテゴリ:死の世界

親しかった故人のことが忘れられず、夢で会いたい、と望む方がいます。

しかし、一向にその故人が夢に現れてくれない、それは、私にぜんぜん霊感がないので、そのせいかもしれない、と話されます。

故人に会いたい、という心情は理解できますし、せめて夢で会いたいと望む気持ちもよくわかりますが、故人が夢に登場しないのは、良いことなのです。

もう故人は、この世に未練を残していない、から、夢には出ない、と言えるのです。

その意味では、故人のその後は順調なのでしょう。
故人のことを安心してもいいのでしょう。

それとは反対に、故人が毎晩、夢に現れて、悲しい顔をしている、と訴える方がありますが、その場合は、その方がなかなか故人の死を受け入れられず、故人と会いたい、と強く望むため、夢にその故人を登場させている、ということかもしれません。

故人の悲しい顔は、自分の悲しい思いを故人の顔に映しているのです。

その場合、故人の意思で、その方の夢に出ていないのだから、そのように自分の欲求で夢に故人を登場させてはだめ、ということはありません。

そうやって、夢で会いながら、少しずつ、故人とさよなら、をしていけばいいんですね。

故人が夢に出なくてもいいんです。
出てもいいんです。

大事なのは、故人を思う気持ちに逆らわないことです。
そうして、徐々に時間の流れが、故人との心の距離を自然に広げてくれます。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu