私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


失敗しない人生なんて

カテゴリ:人生論

日ごろ、さまざまなご相談を受けていて感じることは、「人は失敗や後悔をしながら成長する」ということです。

セッションを受ける方々は、ある出来事に失敗や後悔を感じていて、そこから悩みが生まれているのだな、と察することがあります。

その出来事をすべて失敗、人生の汚点ととらえれば、その通りでしょう。
離職も離婚も人生の失敗かもしれません。

しかし、物事は必要があるから起こるのです。

肝心なのは、それが失敗であれ、成功であれ、我が身に降りかかったら、そこにはどんな学びがあるのだろうと考えてみることです。

人生には成功の数より失敗の数が多い方がいいのかもしれません。

失敗した方が、学びをより具体的に得られます。
後悔したことは、鮮烈な記憶となって、深い学びを私たちに与えてくれます。

失敗しない人生なんて。
後悔しない人生なんて。
傷つかない人生なんて。

どこに生きる醍醐味、面白味があると言うのでしょう。

禊の雨

カテゴリ:日記

今日は、雨です。
寒い雨です。

このところ季節の変わり目ということもあってか、暖かくなったり、寒くなったり、雨が降ったり、晴れたり、と、めまぐるしく天気が変わります。

その落ち着きの無さは、まるで私たちの心模様を表しているようですね。
政局もそうですし。。。

この雨は、禊(みそぎ)の雨となってくれるといいですね。

一雨ごとに春になるなら、一雨ごとに私たちの身も心も清らかになっていって、落ち着きを取り戻したいですね。

天草サブレ

カテゴリ:おみやげ

本日、お越しいただいた方からおみやげをいただきました。

熊本、天草のお菓子です。
ミルク味のサクッとおいしいサブレです。

ありがとうございました。

本日は、その方の過去生と、ご家族様のことをいろいろとお話しました。

やはり、家族は、互いの魂の学びを深め合うソウルメイトですね。

1年4組懇親会

カテゴリ:日記

本日は、午前中セッションを終えて、午後、娘の高校のクラスの懇親会に行きました。

クラスメイトのご両親が横浜中華街で広東料理のお店をされていて、そこに先生と母たちが集まりました。


娘のクラスは48人いるので、なかなか子供たちと母たちの顔と名前を覚えるのは困難でしたが、クラス委員さんが懇親会を企画してくださり、集まった14人の母たちととても親しくお話できて、よかったです。

メグ先生はいつもテキパキされていて、この1年、子供たちをよくみてくださいました。

さて、このお店は生ウニが乗った中華風茶碗蒸しが名物料理ということで、ウニがアップの写真を載せてみました。

他の料理の写真も、と思っていましたが、どんどん食べてしまい、写真を撮るチャンスがありませんでした。

2年生になるとクラス分けがありますが、また、この1年4組の母たちで集まろう!とみんなの意見が一致しました。

横浜中華街に行かれたら、ぜひ牡丹園さんに寄ってくださいね!
おいしいですよ!

うつになって

カテゴリ:自分育て

「うつ」だったんです、と言ってチャネリングを受けにいらっしゃる方があります。

うつは、先進国の人の病気です。
それは、うつは、自分の生き方について悩める病気だからです。

うつは、確かにつらい病気です。
でも、どんなことでも必要だから身に起きるのです。

病気も必要だから、なんですね。
だから、その意味に気づこうとしないで治そうとしても、結局は治りません。

うつを患ったのは、さまざまな原因がありますが、そのおかげで自分自身をみつめるチャンスを与えてもらえます。

その原因や意味についてお話をさせていただくことで、その方も私自身も大きな気づきがあります。

自己信頼

カテゴリ:人生論

人生は、どこまで自分自身を信じられるかが問われている、と感じます。

うまくいっている時は、自分を信じることは容易ですが、そうではなくなった時、私たちは途端に自分を信じることが難しくなります。

そこで、私たちは、なるべく幸運に恵まれるように、と願うのかもしれません。

しかし、人生が幸運ばかり、という人はいないでしょう。

不運な時、うまくいかない時こそ、自分をどこまで信じられるかが、問われます。
つらい時、どこまで主体性を持って、自主的に生きていくが、肝心なのです。

だから、人生にはさまざまな経験がどうしても必要です。

世界でたった一人の私を一番信じてあげるのは、自分自身でありたいですよね。

日々のチャネリングでは、その方、その方に合わせた「自己信頼」の方法をお話していると思います。

新年度を前に

カテゴリ:日記

毎年、3月は何かと忙しいですね。

我が家のように子どもがいる家庭は、学校の卒業式があったりすると、ほんとに忙しいですね。(うちは昨年でしたけど)

今年は、これから(15日から)娘がカナダに行きます。
吹奏楽の部活で10日間ほど行きます。


私が行くわけでもないのに、準備を手伝ったりして、気が急いてました。

来月から新年度、ですね。

新年度を前に、チャネリングを受けて、自分を再発見する、新年度を新たな私で迎える、というのはいかがでしょう。

私も新年度を前に、気持ちを新たにしたいと思っています。

大変な時代

カテゴリ:次元上昇

確かに今は「大変な時代」と言えるでしょう。

「大変」つまり、「大きく変わる」、時代です。

誰が「大きく変わる」のか。
それは、私たち、です。

私たちが「大きく変わる」チャンス到来の時代です。

自分の生き方について、いろいろと考えられる時代です。

不景気のせいにしないで、時代のせいにしないで、勇気を出して、変化していく自分を今、スタートさせましょう。

死ぬ気になって

カテゴリ:死の世界

最近、ニュースで、この不況で自殺者が増えるのではないか、と言っているのをよく耳にします。
そして、その対策をいろいろと紹介もしています。

自殺をする人は、直前まで、死ぬことしか考えていません。

自殺したら、どんなに周りの人々が傷つき、悲しむか、なんて、その時は考えるゆとりはゼロです。
だから、ほんとうに死ぬことができる、と言えます。

なので、その渦中にいる人に「死んではいけません」と言っても、なかなかそのその声は届きにくいかもしれません。

私が、自殺者からのメッセージをお伝えしていて、実感することは、死んだあと、やっと周囲の人々を気遣うゆとりを得るのですが、もうその時は手も足も声も持ってはいないので、悲しむ遺族や友人、知人に歩み寄れないし、どんなに叫んでも、その声は届きません。
そこに、ものすごく深い苦悩を抱えてしまうのです。

自殺はどうしていけないのか?と、問われれば、このどうしようもない苦悩に遭遇してしまうから、と答えるかもしれません。

そして、手も足も、そして声も備わって、生きている今、「死んだ気になって」、しゃにむに物事に取り組むことが、この世に生まれた私たちの使命なんだな、と思います。

断言します。大切なのは、気持ち、です。

カテゴリ:人生論

私たちに必要なことは、考えることではなく、感じること、です。

たとえば、本日のご相談でも「仕事等で達成感を得られない」と聞きましたが、達成感は、考えるものではなく、感じるものです。

私たちが、仕事にやり甲斐を得るには、そう感じられるか、どうか、です。

だから、私たちがほんとうに大事にしなければならないものは、頭の良し悪しではなく、瑞々しい感受性です。

そのためには、常に、今、私はどう感じているのか?を自分に問わなければなりません。
そして、喜怒哀楽の感情を持つことを許さなければなりません。

何年か前に、チャネリングとはどういうものか、というご質問をメールでいただき、その説明のあとに「ご自分の気持ちを大切にされてください」といった内容を返したのですが、その方から「人生に大事なものが、自分の気持ち、ですか?」と、返ってきました。

そこには、???という気持ちがこもっていたのを感じましたが、私は、今、その時以上に、気持ちの重要性を訴えます。

人生を決めるのは、私自身の気持ちです。

人生で大切なのは、気持ち、です。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu