私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


面倒なことに向き合って

カテゴリ:人生論

科学技術の進歩のおかげで、私たちは大変便利に暮らせます。

今や、パソコンの無い生活は考えられません。
私も、このパソコンが無ければ、たちまちあらゆるところに支障が生じます。

この便利さは、生活を効率よく向上させてくれました。

そのせいで、私たちの人生も、テンポよくスイスイと進んでいくことを、よし、としてしまいがちです。

少しでも、人生につまずきを感じたり、立ち止まってしまっていると思うと、私たちは、たちまちペシャンコになってしまいます。

残念ながら、人生は、そうスイスイとは進みません。
それは、そんなにスイスイと進んでしまう意味がないからです。

スイスイと進んでしまうことよりも、時には、つまずき、時には、立ち止まって、いろいろと考えることから、「自分らしさ」を形成していけるのです。

私たちは、だれもがきっと、自分らしく生きていきたいと望んでいるでしょう。

そのためには、たくさんの経験を積むことです。

それは、面倒なことが多々含まれています。
でも、その面倒なことと真正面から向き合って、時には、挫折しながら、つまずきながら、生きていくことで、必ず、自信をつかめます。

それは、人生を成功させるコツなのです。

親に求められるもの

カテゴリ:日記

二人の子どものうち、上の子は昨年、中3で受験生でした。

今春、本人は希望通りの高校に進学し、一応、ひと段落つきました。

その受験期の1年を過ごして、実感したことは、親がそれに無頓着ではいられない、ということです。

きっとこの東京が学校数も多く、他の地域と比べると特殊な点はあるとは思いますが、とにかく学校の情報を多くつかむこと、そして、子どもとともに適している高校の受験方法を考え、絞ること、が大切だと感じました。

うちは、本人の特質も考えて、推薦入試に絞り、その志望校のみの受験としました。

さて、うちにはもう一人、子どもがいます。

その子は、上の子とまったく性格も興味も異なります。

その子に合わせた進学を目指さなければなりません。

今や、学校の勉強1本では、なかなか進学が難しいのは事実です。

しかし、塾や家庭教師などをどう利用し、いかすかは、親と子の意志力だと感じます。

現代の親に求めらている一番は、この「意志力」でしょう。

熱中できるもの。私の夢

カテゴリ:趣味

この写真は、2年前に私が書いた本です。

今も書き続けているメルマガをまとめて本にしました。

出版社さんとの打ち合わせから、約半年ほどで仕上げました。

もともと原稿があったこともあり、推敲を重ねて仕上げたのですが、担当の方に「ほとんど手直しがない」とほめていただいたりして、有頂天にもなって、自分としては、ものすごく熱中、集中して仕上げたのです。

それは、家事やチャネリングをしながらの作業で、かなり労力を要したのですが、ぜんぜんいやとは思いませんでした。

接続詞や助詞の使い方や改行の箇所で、なんども同じ文章に向き合うこともあったのですが、それで頭がうんと疲れたりしたのですが、不思議と飽きずに、ますますのめり込みました。

きっと、文章を書くことが好きだから、そういう風になったのですね。

実は、次を書きたいなあ、と今、思い始めています。
次のテーマは、「人生を成功させる秘訣」です。

私は、年をとったら、好きな文章を書きたい、絵も好きなので描きたいと思っているんです。

本の出版は、今も私の夢ですね。



COMMENT:
AUTHOR: melumo☆
DATE: 05/13/2008 17:04:25
本の出版、頑張ってくださいね!

私の夢はフォトエッセイ集を作ることなんですよ。

被写体の写真と被写体の言葉で作る本か、
私の撮った風景の写真と私の言葉で作る本。

どちらも大きな夢です☆COMMENT:
AUTHOR: マリリン
DATE: 05/13/2008 17:16:19
melumo☆さん、コメントありがとうございます。

フォトエッセイ集、すてきですね。
ぜひ、夢をかなえてくださいね。

私も、あきらめずに少しずつがんばります。

夢をかなえるために人生はありますもの!


COMMENT:
AUTHOR: emma
DATE: 05/24/2008 00:22:29
出版されてすぐ購入したのですが、読み終えるのに、約1年かかりました。
それくらい深みがある、すばらしい本だと思います。スピリチュアルであり、現実的。
今でも時々開くと、ほしい答に出会え、助けられています。ありがとうございます。

次も楽しみにしていま~す♪
絵がお好きでしたら、装丁も手がけられるとおもしろいかもしれませんね。

私も夢のひとつ、絵本出版に向けて、自分を磨いていきます。
as loving myself, and others.

PS - 先日はチャネリング、ありがとうございました。沖縄、行ってきま~す ^^

授業参観

カテゴリ:日記

今日は、午後から高1の娘の授業参観に行きました。

私が高校生の頃は、親が学校に来るなんてなかったと思うのですが、今は、あるんですね。

高校に入ったばかりなので、興味もあって行ってみました。

1クラス50人もいて、男女共学なので、体の大きな子もいるし、華奢な子もいて、女子高出身の私にはおもしろかったです。

授業は、古文で、文法でした。
なつかしいなあ。

でも、今の子は、電子辞書なんですね。
私は、古語辞典を引いてたなあ。

先生は、5時間目という一番眠くなりやすい魔の時間帯を意識されて、子どもたちに発表させたり、起立させて、みんなで文法の活用を暗唱させたりで、あっという間の50分でした。

青春ですね。
若いときで二度とないので、うんと楽しく過ごしてほしいです。

有り難い幸福

カテゴリ:人生論

今日は、良いお天気でしたね。

ちょっと雨や気温の低い日が続いたので、やっと晴れた!とうれしくなりましたね。

太陽の光は、動のエネルギーが満ちています。
引きこもっている人や元気を失った人には、太陽の光は有効です。
その光を浴びると動的なエネルギーが体中にあふれてきます。

さて、ずーーーっと晴れていたら、果たして、今日のようなうれしい気分になれるでしょうか。

雨が降ったり、悪天候の日があるから、晴れてすがすがしい日がうれしいと感じるんですね。

人生も同じです。

苦しいことがあるから、楽しいことがはっきりと楽しい!!とわかるのです。
つらいことがあるから、やったあ!、と思える幸福があるのです。

そういった幸福は、その点で「有り難い」ことなんですね。

だから、幸福に遭遇したら、「有り難うございます」と感謝したいものです。

気持ちの良い今日は、お昼に事務所の掃除をして、ますますすがすがしくなりました。

成仏するって?

カテゴリ:死の世界

時々、亡くなられた方のことを「成仏していますか?」と聞かれることがあります。

成仏とは、亡くなったあと、この世に未練を残さず、あちらの世界へ行くこと、と理解されます。
また、死んだらなるべく早く成仏しなければならないと思いがちです。

でも、私の経験では、その時期は人それぞれと感じます。

以前、90代で亡くなった夫の祖母が、死後3ヶ月もたたないうちに、きちんと着物を着て現れて「私はもうあちらの世界へ行くからね」と挨拶に来ました。

祖母は、きっとその人生をしっかりと生き切り、未練もないので、こちらの世界からきれいに卒業することを伝えに来たと感じました。

しかし、故人の中には、生きている親しい人に寄り添いたいという自らの考えで、この世に気持ちを残す場合もあります。

なので、死んだらすぐに成仏しなくてはならない、と硬く思うことはいらないようです。

また、いつまでも故人のことを思うと、その故人がなかなか成仏できないといさめられますが、そんなに自分をいじめる必要もありません。

親しい人が亡くなって、悲しくない人なんていないでしょう。
その悲しみを無理やり押しとどめるよりも、悲しいときは、たくさん泣けばいいのです。

その気持ちを押し殺してしまうと、かえって故人への思いが執着に変わりやすいので、その方がよくないのです。

「死」については、これまでの仕事の経験から言えることがあるので、また、改めて書こうと思っています。

自信は無くていい!

カテゴリ:人生論

よく「自信がなくて・・・・」と言いますね。

チャネリングの中でも、この言葉はよく聞きます。

「自信があればもっとうまく生きていけるのに」とも思いがちです。

でも、自信が最初から備わっていたら、人生を積み重ねていく意味がないと思います。

一生懸命自分の人生を歩んでいくことが大切なのだから、何をやるにも最初から自信に満ち溢れていたら、生きる意味がないと思いませんか?

自信がないことがすばらしい!!

自信は経験を積んでいくことで少しずつ備わっていけばよいと、ほんとうにつくづく感じます。

背中の翼

カテゴリ:不思議な世界

息子が保育園児だった頃、「人の背中にはね、翼がはえているんだよ」と言っていました。

みんな白くて、大きい翼を持っているんだけれど、少しでも他人のことを悪く思ったり、いじわるをすると、たちまちその翼は小さく縮んで、黒くなるとも言っていました。

そして、人の翼がそんな風に変化していくさまを見たくないんだ、とも言いました。

それから時は流れて、彼も中学生になり、時々、私の翼を見て、と頼むのですが、「めちゃちっちゃくて、真っ黒!」と、茶化してしまいます。

もうあんな素直でかわいかった時は、もどってこないのですね

でも、あの頃、彼が人の翼を見ていたことは、うそではなかったと思います。

人のことを悪く思わないで生きていくというのは、とても難しいことではありますが、それができたら、すごく大きくて、白く美しい翼がはえるのです。

それは、私たちのとてつもなく大きな可能性を指しているように感じます。

そこには「自己愛」が重要なカギとなるでしょうね。

自己愛は、うぬぼれではありません。
自分をうんと大切に思うこと、です。

写真は赤ちゃんの頃の息子です。

恵みの週

カテゴリ:日記

今週は、高1の娘が中間テスト前の週で、部活動がお休みです。

これまで朝練、放課後の練習があって、本人は朝は6時45分に家を出て、夜は9時に帰るという生活が続いていました。

私もそれに合わせて、朝は弁当作り、夜は、まず息子と私で最初の夕食、そして、夫の夕食、娘の夕食と3回もバタバタとあわただしく動いていました。

それが今週はなくなります。
うれしいです。

娘も、朝ゆっくりできることと、昼の練習もないので、弁当をゆっくり食べられることや、夕方に帰宅できるので、挨拶に行っていなかった出身中学にちょっと顔を出してこようかな、と言っています。

6月からは、また普段の忙しい生活にもどりますが、今週、私もゆっくりできそうです。

母親って、タフじゃなくちゃ、やっていけませんね。

もっとも子どもがいると、自然にタフに育ててもらえます!

越えられないハードルはない

カテゴリ:自分育て

今日は、朝、大雨で大変でしたね。

そんな中、チャネリングにお越しいただきましてありがとうございました。

チャネリングは、その方の個人的な悩みやご相談を受けます。

そこで、ダイレクトに「今生での私の使命は何ですか?」とたずねられることもありますし、話をしている中で自然とそれを説明することもあります。

誰もがやはり何らかの使命、目的、課題を持って生まれてきたと感じます。

しかし、そのテーマは容易には達成できないもののようです。

この人生をかけて、そのテーマと向き合い、クリアしていくことが大切なのですね。

そのハードルは確かに低くはないけれど、決して越えられない高さではありません。

勇気を出して、自分自身のハードルを越える努力をしましょう。

その努力は必ず報われます。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu