私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


楽になりましょう。

カテゴリ:人間関係

今日、仕事でお目にかかった方が「自分の気持ちを人に表現するのが苦手で、そういう場面では緊張してしまう」と言われていました。

そういう方は、まじめなんですね。
自分の言動には責任を持たなければならない、無責任な発言はしてはならない、と常に自分をいましめているんですね。

なので、自分の気持ちを表現する、といったあいまいなことでも完璧に、しっかりと言わなければならないと構えてしまい、結果、緊張してうまく言えなくなってしまうようです。

そこで、表現するものの中には、責任のともなうものと、そうではないものの2通りがあると認識しましょう。

自分の気持ちを表現するのは、後者、責任はともなわないものの中に入ります。

また、自分の気持ちを表現する、と言っても、思っていることのすべてを語る必要はありません。
相手の感じで、その時、表現する気持ちの範囲や重さを自分で決めて話せばいいのです。

自分の口から発せられる言葉には、責任がともなう内容と、そうではないものの2つがある、と思えば、なんだか楽になりませんか。
楽に生きましょう。

それから、もし、よろしければ、私のこのブログにコメントを書いてみてください。
それも気持ちを軽く表現する練習になると思います!

今日、お目にかかった方からいただいたおみやげです。
北海道限定のポテトのお菓子とウエッジウッドの紅茶です。
ありがとうございました!

三昧

カテゴリ:日記

今日は、高校生の娘が所属している吹奏楽部が、横浜みなとみらい大ホールで「横浜開港祭 チャリティー吹奏楽コンサート」に出演するため、見に行きました。

とてもきれいで大きなホールで、高1の娘は、今日が高校に入ってはじめての晴れ舞台でした。

この約1ヶ月間、朝練、昼練、そして夕方から夜の練習で、特に昼は、食事を取る時間が10分しかないので十分食べられないと言っていたので、親としては心配していました。

夜も遅くなる時もあって、女の子なので、やはり心配しない時はありません。

それでも本人は練習大好き、練習の虫、なんです。

それこそ楽器練習三昧の日々でした。

でも、今日、彼らの姿を見ていて、「好きなことはやらせてあげたい」と心から思いました。

親とは、「無償の愛」を実践的に学べる修行の場なのですね!

また、明日からも本人は練習三昧です。

私も、その日、その瞬間に集中する=三昧、を通して、人間を磨いていこうと思います。

ジャスミングリーンティ

カテゴリ:おみやげ

このブログに、チャネリングを受けにいらっしゃる方々からのおみやげを掲載していたら、それを見た方もお持ちくださるようになりました。

すみません。
決して、催促しているわけではないのです。

ですので、これからいらっしゃる方は、どうぞ手ぶらでお越しくださいませ。

それで、今日は、ジャスミンティをいただきました。

でも、グリーンティなんです。
めずらしいですね。

早速、いただきました。
とてもさっぱりと、さわやかなジャスミンティでした。

ありがとうございました。

カオスとコスモス

カテゴリ:次元上昇

今、私たちの心は揺れています。

すると、大地も天空も揺れます。

この揺れは、何のためなのでしょう。

まったく新しい調和の取れた価値観を生み出すため・・・・・そのために今の混乱があるのでしょうか。

これまでの一元的な価値観から、個々人それぞれの価値観がともに花開く新時代へ。

真理は、たったひとつではなく、唯一無二の真理に縛られるのではなく、たとえ相反する真理が並立しても、そこにはおだやかな調和が生み出される新時代へ。

強いもの、弱いもの、といった単純な価値観を超越し、ともに尊い存在であることが許容される新時代へ。

今のカオスは、新たなコスモスへの架け橋になる重要なものなのでしょう。

私たち人類のアセンション(魂の上昇)は、もう始まっているのです。

達観しているペットたち

カテゴリ:死の世界

仕事の中で、時々、亡くなったペットからのメッセージをリクエストされることがあります。

ペットと言っても、ご相談者にとっては家族同然の大切な命だったのです。

これまでメッセージをお伝えした命は、犬と猫なのですが、全体的に彼らは「達観している」と感じます。

私たち人間のように愛着という名の執着が薄いと感じるのです。

しかし、細やかな愛情を人間に向けてくれているのもよくわかります。

生前の飼い主から注がれた愛情に一様に感謝をしてくれていて、死んでいるけれども、とても明るいのです。

さわやかですがすがしい彼らの死後の様子に私は、いつも「すごいなあ」と感心してしまいます。

私も、12歳から15年間、柴犬を飼っていましたが、彼はほんとうに優しくて、私の心を一番理解してくれていました。

今でも彼のことをなつかしく、微笑ましく思い出しています。

ちなみに、彼は、その後、もっと人間の役に立とうと大型犬に生まれ変わって、雪山での遭難者救出の仕事をしていると伝えてきました。


COMMENT:
AUTHOR: のり子
DATE: 06/04/2008 16:17:04
マリリンさん♪

始めまして。
今日はOFFで、チャネリングに興味があったので検索していると、
マリリンさんのHPに行き着きました。

マリリンさんのブログを読んで、涙が出てきました。
色々あって、今日までの事がフラッシュバックされてきました。

東京まで、セミナーを受講しに行くときがあるので、
機会があればチャネリングをお願いしたいです。

メルマガも申し込みました。
ご本も読んでみますね。

またまたもらっちゃいました!

カテゴリ:おみやげ

ほんと、すみません。

また、お越しいただいた方に、おみやげをいただいてしまいました。

私が泡盛が好きだということで、泡盛とおせんべいを持ってきてくださいました。

ありがとうございます。

でも、ほんと、すみません。

どうぞ、お気軽に、手ぶらでいらしてくださいませ、ね。

答えは自分の中にある

カテゴリ:自分育て

私は、いろいろと仕事を経験してから、今の仕事をするようになりました。

約15年ほどは、会社に属して働いてきました。
その中で、仕事がうまくいっても、何か足りない、と思い続けました。

そして、今の仕事にたどりついたのですが、今は、その「何か足りない」とは一切感じません。
だから、今の仕事は自分に合っているのでしょう。
天職になりつつあるのでしょう。

でも、「何か足りない」と思い続けていた頃は、今の仕事のことなど夢にも思ってはいませんでした。
それでも、自分の気持ちに正直に、働き続けてきました。

そこに結婚や出産、育児も加わり、なかなか思い通りに仕事ができない時期もありましたが、やはり、おおむね自分に正直に生きてきたと思います。

「自分に正直」とは、自分の心が欲することにふたをしなかったということだと思います。
すると、今にたどりついたのです。

出産、子育てで、仕事にまい進できない時期もありましたが、そのことさえも今の私になるためには、必要なことだったのでしょう。

「私は何がしたいのか」、「何が向いているのか」、「適した仕事は何か」という問いへの確実な答えは、自分の中にあります。

自分の心が欲することにふたをしないで、行動し、経験を積み重ねていくことです。
その道の先に、必ず、答えが待っています。

直感を磨く

カテゴリ:自分育て

昨日のブログでは、自分の適性への答えは、「自分の中にある」と記しました。

それは、私たちは、過去に何回も、何十回も、人によっては何百回も、人間として生きてきているから、それらの人生経験の蓄積が、すべて自分の魂に内蔵されているのです。

それだけ私たちは、人生経験が豊富な魂の持ち主なので、自分に問えば、必ず人生の答えは導き出せるのです。

この「答えは、自分の中にある」ということを信じることができたら、私たちが失いつつある直感は、再生されると思います。

直感は、自分のカンですから、それを冷静に吟味しても意味がありません。

「そう感じる」・・・・・それを信じられるかどうか、です。
それは、自分自身をどこまで信頼できるのか、ということでもあります。

直感を磨くには、何か感じたら、それを「ほんとうにそうなのか」と疑わないことです。
感じたことを感じたままに、自分に「それでいい」と言ってあげることです。

すると、頭の上に立っているアンテナは、ピカピカに磨かれて、ますます必要な情報をキャッチします。
そこには「第六感」も含まれていくでしょう。

自分を信じてあげましょう。

大丈夫。私たちは、過去に何度も人間の経験を積んできた「人生の達人」です。

私たちは、つながっている。

カテゴリ:自分育て

昨日のブログに「直感」のことを書いたら、今朝のチャネリングで、ご相談者から「自分の直感を信じていいの?」と質問されました。

このことから、昨日の私の意識と今日、お目にかかった方の意識はつながっている、と感じます。

このブログも、週1回、金曜に配信しているメルマガの内容も、読んでくださる方々から「まるで今の自分のことを言われているみたいだ」と言っていただくことが結構あります。

それからも、やはり私たちの意識はつながっているんだな、とわかります。

直接、言葉に表さなくても、私たちはそれぞれのエネルギーを渡し合っています。

だから誰にも「関係ないこと」って、どこにも、ひとつもないのですね。

人のためにがんばることは、すばらしいことですし、人の役に立ちたいと願うことも尊い姿勢ですが、自分のために一生懸命に生きることこそ、すべての人々の力になれると言えます。

自分を犠牲にして人の役に立てることは、何もありません。

コンプレックス

カテゴリ:過去生

仕事でお目にかかるご相談者の中には、大きなコンプレックスを抱えた方々がいらっしゃいます。

そのコンプレックスは、容姿にまつわる場合、「どうして私はこんな風に生まれてしまったんだろう」と深い苦悩を抱えます。

たとえば、対人赤面恐怖症だったり、お顔がゆがんでいたり、お顔全体がアトピー性皮膚炎だったり、御髪がうすかったり、と、そういったコンプレックスを抱えていない人々から、「お気の毒に」、「かわいそうに」と思われてしまう方々です。

でも、何も理由もなく、そういったことを背負って生まれてきたわけではありません。
そこには、深遠な理由が存在するのです。
そのカギは、その方の過去生(前世)にあります。

過去のある人生で、戦争の中、顔を負傷しながら子どもの命を守ったおかあさんだったり、大勢の人々の前で歌を披露していた完璧主義の歌手だったりした証が、そのコンプレックスとなって、今生に出現しているのです。

一見、気の毒なコンプレックスだったとしても、そのマイナス面を最初から身に携えて、その人生を引き受けた方々は、それだけ生きる力に満ちている、ダイナミックなエネルギーを持った方々なのです。

もし、お体に何かコンプレックスを抱えて悩んでいる方は、そこには、かならず深い意味があるはずだ、ととらえてください。

また、そういった方々に会った時、「お気の毒」と同情するのではなく、「この人は、きっと大きな力を持った、すばらしい人なんだ」と感じてください。

抱えたコンプレックスには、その人生の使命や課題がぎっしりと詰まっています。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu