私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

自分との対話の時

2019-02-08

先日、朝、家の掃除をしていたら、不意に「更年期、終わった」と、口をついて言葉が出ました。

57歳5か月で、とうとう更年期とさよなら、です!

私の場合は、その期間は、11年ほどでしたでしょうか。

(46歳の頃、突然、階段を上る時、両膝がガクガクして、更年期を実感しました)

その間、結構、いろいろありましたが、その期間は、体調が、自身のその時の状態をもれなく映し出す、正直な鏡になっていた、と感じます。

自分のエネルギーが減ってくると、それが如実に体調に表れるようになりました。

そこで、昨日のブログの内容となったのです。

どのような時にエネルギーが無くなりやすいのか、を探ることは、自分を知ること、です。

更年期は、自分との対話の時ですね。

その期間は、あまりうれしくはありませんが、自分を知る手がかりが得られるチャンス到来です。

体調が良かった若い頃を、懐かしみ、今を憂いでは、せっかくのそのチャンスが素通りしてしまいます。

若い頃も過ごしてきた、今だからこそ、そのチャンスを獲得できるのです。

また、自己をいたわること、優しく接してあげることも、この時期から、大手を振って、できますね。

私も、自分を大切にしながら、これからをしっかりと生きていこうと思います。

 

経験有ってこその、輝く人生。

2019-02-06

セッションでは、いらした方が経験されたことの意味をご案内しています。

そして、そこから、今後の人生の指針となるものに、お話はつながっていきます。

そこで感じることは、人生、経験無くしては有り得ない、ということです。

一つ、一つの経験を通して、私たちは、自身の人生の道を創っていきます。

特に、うれしくない経験は、これからの私を太く支えてくれる、貴重なものです。

ですので、ほんとうに、人生での経験を良い、悪い、と色分けすることは要りません。

失敗も、挫折も、有り難い経験です。

身に起きるすべてのものに意味がある --- そう感じると、なんと人生は、素晴らしいのでしょう。

遣り甲斐、ありますね。

経験有ってこその、輝く人生です。

 

黄金期

2019-02-05

昨日は、過去生の視点から多様な社会への期待を書きましたが、本日は、そこに関連することを記しましょう。

昨日、紹介したのは、過去の人生の反対のことを今生で取り組む、ということでした。

一見、それらの間には、分裂があるように感じます。

しかし、実は、それらは、しっかりとつながっているのです。

今生では、過去生で経験したことをなぞるような動きがあります。

過去生で経験したことを、今生で、もう一度踏まえるような動きです。

そして、その後、真新しい今生での生き方に挑戦していきます。

その時こそ、この人生での黄金期でしょう。

その黄金期は、過去をなぞり、過去を知ってこそ訪れます。

過去と現在は、濃密につながっているのです。

私自身も、そのような動きをこれまでしてきました。

そして、いよいよ黄金期へと歩み出しています。

 

立春によせて

2019-02-04

たとえば、過去に、子だくさんの人生を送っていて、今回の人生では、子どもを持つのはもういいや、それ以外の経験を積みたい、と願って、ここに生まれてきた方もいるでしょう。

すると、当然、今回の人生には、子どもは乗ってきません。

あるいは、独身の人生が多かったので、今回は、是非、結婚してみたい、と願えば、今生は、そうなっていくでしょう。

さらに、これまで子育ての経験が少ないので、今回の人生では、親になって、子どもを育ててみる、という経験をしたいと希望すれば、そのような人生が目の前に表れるでしょう。

そういった自由が許される場所を選んで、私たちは、生まれてきています。

そこが、ここなら、多様な社会は、当たり前、となります。

まだまだ多様な社会は到来している感じはしませんが、私たちの生き方の自由が許可される社会が、ここ、なら、それで国家が転覆したりはしないでしょう。

これまで多くの人生を経験して、ここにやってきた私たちです。

自分が、「これが好き!」、「気持ちいい!」、「やってみたい!」と感じることに集中することが、過去の私に敬意を払うこと、です。

そして、今回の人生をイキイキと歩むコツです。

 

社会的なもの

2019-02-02

病気は、つくづく社会的なもの、と感じます。

その人をとても強い独占欲で自分に縛り付けておきたい、と願ったら、相手は、病気になって、動けなくなってくれます。

その人の看病や介護を通して、その方の願いは、成就します。

さらに、周囲から、その方は、大変な看病や介護をしているとほめられるので、その方は、どんどんその状況に集中していきます。

すると、相手は、どんどん重病化していきます。

あるいは、相手の愛情を自分に振り向けたくて、病気になる、ということも、おおいにあります。

その時も、インパクトがある方が、振り向いてくれる可能性が高まりますので、その欲求が強ければ、重病化しやすくなります。

そして、「病は気から」で、私たちは、ストレスが過多になると、病気になってしまいます。

そのストレスの中身は、人間関係に起因することが、ほとんどでしょう。

相手があってこその病、です。

病気は、社会的なもの、でしょう。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。

27日(火)は、10時~16時まで。
28日(水)は、10時~16時まで。
30日(金)は、10時~16時まで。
31日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu