私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番

そこにいた女の子

2019-08-13

セッションでは、故人と接触して、その方からのメッセージをお伝えすることもあります。

ある時、お子さんのことを話された方がありました。

その方は、そのお子さんを今、生きているように話されましたが、実際は、数年前に亡くなられていました。

その方は、そのお子さんの死を受け入れられないまま、数年が経ってしまったのでしょう。

私は、いつものように、その方のお話に集中しようとしましたが、その時は、どうしても、それができませんでした。

なぜなら、私の横に、そのお子さんの存在をしっかりと感じたからです。

ご相談者と私の間には、テーブルがあるのですが、私の横で、テーブルに両手をかけて、私に興味を抱いて、私の顔をいたずらっぽく見つめる女の子が、そこに立っていました。

私が、そのお子さんを見ると、うれしそうに、親しそうに、にっこりと笑います。

顔立ち、表情、背の高さ、など、よくわかりました。

5歳くらいの女の子でした。

私は、その方に、その子のことを告げると、「実は、もう亡くなっているんです」と答えられました。

おかあさんの亡くなったお子さんへの想いが、とても強いと感じましたが、すると、その亡くなったお子さんも、今、まるで、ここに生きているかのように、振る舞うのがわかりました。

おそらく、今でも、そのおかあさんに、その子は、ずっとついて、寄り添って、行動しているのでしょう。

その意味で、亡くなったあと、この世に執着、未練が強いと、生きていたままの姿で認識されます。

反対に、それが薄いと、人の姿では現れずに、一つのエネルギーとして、想いだけを伝えてきます。

さらに、生きている人と、亡くなった人は、互いに同じ温度、濃度で、相手のことを想っている、とも言えます。

この方のように、亡くなったお子さんへの想いが強いと、そのお子さんも同じように、おかあさんを強く感じています。

一方、故人への想いが落ち着いて、次第に薄まっていけば、相手も、同様に変化していきます。

 

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。

23日(金)は、10時~16時まで。
24日(土)は、10時~16時まで。
25日(日)は、10時~16時まで。

26日(月)は、10時~16時まで。
27日(火)は、10時~16時まで。
28日(水)は、10時~16時まで。
30日(金)は、10時~16時まで。
31日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu