私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番

うまくいった経験

2018-01-10

物事は、主体的に生きて、恐怖心をなくせば、うまくいきます。

それを実感できたことを書きます。

それは、二人の子どもの出産に関することです。

上の子は、”おしるし”があってから、3時間後に生まれました。

下の子は、1時間半後でした。

どちらも超安産で、2人を取り上げてくださった助産婦さんから、赤ちゃんが出産のストレスがなく生まれて赤かったので、「これが赤ちゃんよね」と言ってくださり、今でも、その言葉をうれしく思い出し、子育ての支えとしてきました。

私も出産に関して、恐怖がなかったわけではありませんでした。

しかし、太古の昔から人は人を産んできた、という思いを持つと、人である私にもできそうだ、と前向きな気持ちになれました。

また、自然な形で生みたかったので、それがかなうところを調べて、のちに2人の子どもがお世話になる助産院を訪ねて、受け入れていただきました。

そして、お産にかかわる勉強をしっかりとして、上の子の時は、臨月の1か月間は、お産の時の呼吸法をしながら、ほぼ毎日1時間の散歩を重ねました。

そうして、いよいよ出産の時が近づいた時、我が子にやっとに会える、と、うれしい気持ちでいっぱいになりました。

同時に、「よーーーし!」と、お産に向かう気迫が満ちてきて、恐怖心は、いっさいなくなりました。

下の子は、一気にお産が進んで、あっという間に生まれてしまい(分娩室にいたのは15分間)、お産の過程を感じる間がありませんでしたが、上の子の時は、分娩室に2時間いたので、途中で、子どもが旋回したことに気がつき、助産婦さんに、「今、まわりました」と告げていました。

私自身、とても落ち着いていて、リラックスできていたと思います。

そのおかげでしょうか、会陰切開をしていません。

お産の痛みはあったとは思いますが、腰が痛かったかな、という程度で、当時、ママ友の中には、1人目のお産が痛かったから、2人目は生みたくない、と言っていた方がいましたが、私は、それほどの痛みと感じていなくて、2人目の出産へも前向きでした。

この経験が、それからの私を支えてくれたと感謝しています。

前向きに物事をとらえて、主体的に生きれば、恐怖心は薄まります。

恐怖心がなければ、リラックスできて、余計な力が加わらないので、物事は、シンプルにうまくいくのでしょう。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

2月度のお申込み

2月分のご予約を承ります。
 
23日(金)は、10時~16時まで。
24日(土)は、10時~16時まで。
25日(日)は、10時~16時まで。

26日(月)は、10時~16時まで。
27日(火)は、10時~16時まで。
28日(水)は、10時~16時まで。
31日(水)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(セッションの最終時間帯は、15時~16時です)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu