私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)

してはいけない理由

2018-01-23

なぜ、自死、自殺がいけないのか?

それへの返答を、これまでも記してきました。

セッションでも、自死された故人の近しい方、遺族の方々とお会いして、その故人が今、どう思っているのか、どうしているか、といったご質問への対応をいたしました。

そこで、その故人が、悲しみに打ちひしがれている、遺された方々の姿や心情を感じても、もはや、思いを伝える声も無いし、そっと、その身に添える手も無いので、ただただ深い苦悩を抱えてしまう、という事実を知りました。

その双方の苦悩が、晴れることは、おそらく遠い、遠い先まで無いでしょう。

そこに、自死、自殺の後味の悪さ、無意味さがあります。

以上が、これまで記してきた返答でしたが、本日は、さらに、そのもっと核心に近いところを記したいと思います。

それは、自死すると、自分自身と向き合う、という使命を全うできない、ということです。

この人生は、自分といかに向き合っていくか、が、最大の命題なんだと感じます。

先日のこのブログには、「いかに人生を楽しめるか、いかに楽しみを見い出せるか、創り出せるか --- それが、私たちに課せられたミッションなのでしょう」と書きましたが、それも、自身と向き合ってこそ、成り立つものです。

自死、自殺は、その使命を途中で断ち切ってしまいます。

それが、してはいけない理由、でしょう。

私たちは、自分としっかり向き合って、生き切ることが、使命で、その全うが、他者への貢献、です。

社会貢献がしたい、人の役に立ちたい、といった、清らかで崇高な望みは、自身として一生懸命に生き切ることで、果たせます。

自死、自殺は、一人よがりな生き方、死に方、なのでしょう。

 

動くこと

2018-01-22

セッションで、転職のご質問をいただくことがあります。

その時は、まだ、その方は、転職しようと固い決意をしているわけではなく、転職もありかな、と考えている最中、です。

転職をしてよいのか、どうか、を決めるのは、私自身です。

そこで、セッションでは、その決意をするか否かの判断をどうつけるか、に、関連するお話をしています。

そのポイントは、動くこと、です。

頭より体を使うことです。

転職したいと思う気持ちの裏側には、思うようにならないことへの葛藤や失望が潜んでいます。

その葛藤や失望を軽くする、あるいは、解消する、には、どう自分が動けばよいのか、を考えてみます。

そして、それをできることから実行していきます。

すると、手応え、という実感が得られます。

その手応えの濃さが、転職という決断の下地となります。

転職に限らず、人生は、決断の連続です。

その決断の波を納得しながら越えていくには、頭より体、です。

動くこと、が、一番です。

 

ミッション

2018-01-20

人生って、いかに楽しむかだなあ、と、つくづく思います。

これまでの日本人は、楽しむことが下手でしたね。

長らく、真面目で、勤勉と、評されてきましたが、これからを生きる私たちは、そこに、是非、楽しみ上手、楽上手、を加えたいものです。

日々が楽しいことで満たされていたならば、まず健康でいられます。

心身の健康は、人生をしっかりと支えてくれてます。

そして、人生を楽しむことは、心を重く、暗くする負の執着を遠ざけてもくれます。

それも、心身の健康に直結するので、ますます、人生を楽しむ方向へと進めます。

人生を楽しめるか、どうかは、心の持ち方、一つ、でしょう。

また、外見では、意識して笑顔を絶やさないことも大事です。

苦の裏は、楽、です。

苦楽、ですから。

セッションでも、最初、暗いお顔をされていたのに、セッション後は、笑顔に変わっている方々が、多くいらっしゃいます。

いかに人生を楽しめるか、いかに楽しみを見い出せるか、創り出せるか --- それが、私たちに課せられたミッションなのでしょう。

 

人生100年、1億総活躍社会。

2018-01-19

今や、女性は、結婚しても、出産しても、働くことが当たり前、の風潮があります。

しかし、その陰で、それに苦しめられている女性たちは、案外、多いのではないでしょうか?

もちろん、結婚しても、出産しても、その仕事をずっと続けたい、という意欲があって、それがかなう環境が用意されているのであれば、その仕事を続けていくことに異論はありません。

しかし、それがかなわない現実も、十分有り得ます。

希望しても、働き続けられない現実に、打ちひしがれてしまうことも有り得ますが、その先の人生の道は、自分で、どのようにでも創造できます。

その道しかなかった、と落胆して、その現実を憂いでばかりなら、その先の道筋も、その色のまま、です。

専業主婦を豊かに経験してからでも、仕事に就くことは可能です。

そんなに、私の才能は、小さくもないし、少なくもないし、薄っぺらでもありません。

専業主婦の経験も、すばらしく厚みのある人生経験です。

また、私たちは、過去に、幾重も人生を繰り返してきています。

その過去生の経験の数々も、現在の私に眠る、才能たちのおおもと、です。

我が身に起きる、様々な出来事を、最終的には素直に受け入れて、そして、柔軟に、前向きに、生きていくことが、これからの人生100年時代には、欠かせません。

その多様化こそが、「1億総活躍社会」の真の姿、ではないでしょうか。

 

親子の幸福

2018-01-17

生き甲斐のある人生、生きやすい人生、のためには、自己評価を下げない、ということも大切です。

これからの社会を担っていく子どもたちの教育にも、是非、その視点を持っていただきたいと思います。

それは、子どもに、無駄な罪悪感を持たせないこと、です。

子どもは、親の言うことが絶対です。

親が、子どもである私を「かわいい」と言ってくれれば、その言葉を他の誰に言われるよりも、うれしく感じ、また、その言葉通りの評価を自身に与えます。

反対に、「お前はダメだ」と、親に言われば、子どもは、その言葉通りの人生を歩んでしまいます。

子どもの幸福は、親の幸福です。

子どもにすがって生きることはなくても、子どもが、その人生をイキイキと歩んでくれれば、親も安心して、自分の人生に向き合えます。

子どもも、試練がいっぱいです。

そこに、一番寄り添えるのは、親でしかあり得ません。

受験シーズン真っただ中ですが、その試練も、人生の貴重な経験と、前向きにとらえられるタフな人間に、子どもが育つように、親自身も、あふれる愛とたくましさを併せ持ち、そして、その自分を愛して、信じてあげましょう。

 

1 / 17412345...102030...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

1月度のお申込み

1月分のご予約を承ります。
             
25日(木)は、10時~16時まで。
26日(金)は、10時~16時まで。
27日(土)は、10時~16時まで。
28日(日)は、10時~16時まで。

29日(月)は、10時~16時まで。
31日(水)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(セッションの最終時間帯は、15時~16時です)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu