私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)

大変身の種が、そこに潜んでいる。 生きながら、生まれ変われる、大チャンスが、そこにはある。

2019-02-28

先回のブログには、身に起きることには、意味がある、その最たるものは、病気、と書きました。

そして、病は、敵視する相手ではなく、大事な人生の意味を携えた、有り難い使者、と記しました。

本日は、そこをもう少し掘り下げましょう。

病が、携えてくる大事な人生の意味は、一言で表せば、私に足りないところの指摘です。

そこを満たせば、これまでうまくいかなかったことが良い方向へ進む、と期待できます。

抱える重いストレスから解放されます。

心も体も軽くなって、これまでの私から、これまで知らなかった、末広がりの私へ、変身できる、ということです。

病の重さが大きいほど、その期待値は大きいのです。

大変身の種が、そこに潜んでいます。

生きながら、生まれ変われる、大チャンスが、そこにはあります。

 

大事な人生の意味を携えた、有り難い使者。

2019-02-26

身に起きることには、意味がある。

そうブログに書いてきました。

ほんとうに、そうなのです。

我が身に起きてほしくないことにも、意味はあります。

しっかりとした意味が、そこに存在しています。

病気は、その最たるもの、でしょう。

病気は、よく「克服する」とか、「打ち勝つ」とか言いますが、病気を敵視しては、せっかくの意味を探れません。

その意味を求めずに、たとえ、その時、その病に打ち勝っても、また、その意味を知らせに、病は、我が身に訪れます。

病は、敵視する相手ではないのですね。

私にとって、大事な人生の意味を携えた、有り難い使者、です。

 

言葉は文化、生きた情報の意義。

2019-02-25

セッションで、過去生をお話して、その後、私自身が、その過去生に、おおいに触発されることがあります。

先日も、「言葉」について、いろいろと気づきや学びがありました。

このブログでも、「言葉は発してこそ意味がある」といった内容をよく書いています。

それは、言葉は、他者と発すれば、互いに、自身を発見、発掘していくための「生きた情報」となり得る、と、語っています。

その「生きた情報」に、さらに、新たな意義を、本日は、加えられそうです。

それは、「言葉は文化」、ということです。

言葉を発することも、読むことも、書くことも、私たちの文化に触れること、なのですね。

なかなか一言で、文化を表すことは、難しいですが、今、私たちが、言葉を使うことは、これまで培ってきた英知、教養、そして、今後の私たちの可能性などが、そこにもれなく詰まっている、ということでしょう。

だから、おかあさんは、赤ちゃんに、子どもたちに、話しかけてあげなければなりません。

だから、私たちも、会話を交わすこと、です。

文章を読んで、書く、こと、でしょう。

それらの活動は、生き生きとした情報のやり取りとなり、ますます私たちの文化は、紡がれて、開花していくでしょう。

 

時代遅れの生き方を手放す

2019-02-24

昨日は、自身の才能開花、発揮のために、自己の評価を上げていくこと、を記しました。

自己評価を上げる、とは、まさしく、顔を上げて、まっすぐ前を向いて、人生を歩むこと、でしょう。

反対に、自己評価を下げる、とは、顔を伏せて、私の存在を消そうとすること、でしょう。

それは、控えめな、謙虚な姿と、これまでは、ほめられてきました。

しかし、時代が移り変わり、寿命も延びて、もうその生き方は、限界が来ているのでは、と感じます。

その生き方を自分に強いることで、私たちは、重いストレスの下敷きになっているのではないでしょうか。

せっかく私として、ここに生まれてきたのに、私を隠して、私の色を消して、生きていくなんて、ナンセンス、でしょう。

もう、そんな生き方は、時代遅れ、です。

今、「私は、私として生きていく」と、宣言しましょう。

それは、人の話を聞かない、自分勝手な人になる、ということではありません。

むしろ、私として生きていくことに、私自身が許可を与えれば、その安堵感が、他者への配慮、という心のゆとりを連れてきます。

ここで、大事なのは、許可を出すのは、私自身、ということです。

それも、自己評価を上げていく、重要なポイントです。

 

才能開花、発揮のための環境創り。

2019-02-23

この人生で、才能を発揮できたら、それは、とても幸せなことでしょう。

ゆえに、自身の才能開花、発揮のための環境創りは、人生に必須と感じます。

そのためには、「自己評価を上げる」ことが急務です。

ここに生きる私たちが、みな、自己の評価を上げられたら、この国は、才能にあふれた人々が仲良く暮らす幸福の場所、となるでしょう。

つまり、悲しいことに、現実は、自己評価の低い人々で、ここはいっぱい、です。

さて、自己評価を上げるために、あえて、自己評価を下げる思考、行動を記してみましょう。

その1.他者との比較に力を入れる。

    そして、少しでも自身よりも優れていると感じられる人を見つけると、意気消沈してしまう。

その2.自身を厳しく断罪する。

    それは、他者への配慮のつもりであるが、残念ながら、その気遣いに感謝して、私に高い評価をくれる他

    者はいない。

その3.自身に寛容にならない。

    私に厳しく接することは、自分にやさしくならないこと。

    そのため、他者に対しても、寛容になれない。

    他者への批判や攻撃を繰り返してしまい、他者からの愛を受けられない。

その4.自己評価を下げる人は、愛に飢えたさびしい人である。

    そのさびしさが、心身の健康を奪い去る。

その5.自身よりも、周囲の人々の動向が気になり、行動を開始できない。

    すると、人生は停滞するので、新鮮な感動と無縁となり、才能開花のチャンスは遠のく。

もう他者との比較は、やめていいですね。

ここに、様々な人々がいるからこそ、私特有の才能が発揮できる、のです。

様々な人々がいるからこそ、互いに有意義な刺激を与え合えて、私たち、一人、一人の魂の成長が見込まれるのです。

今こそ、自己評価を上げることに注目して、才能開花、発揮の環境を創っていきましょう。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

5月度のお申込み

5月分のご予約を承ります。

1日(水)は、10時~16時まで。
3日(金)は、10時~16時まで。
4日(土)は、10時~16時まで。
5日(日)は、10時~16時まで。

6日(月)は、10時~16時まで。
7日(火)は、10時~16時まで。
8日(水)は、10時~16時まで。
10日(金)は、10時~16時まで。
11日(土)は、10時~16時まで。

13日(月)は、10時~16時まで。
14日(火)は、10時~16時まで。
15日(水)は、10時~16時まで。
17日(金)は、10時~16時まで。
18日(土)は、10時~16時まで。

20日(月)は、10時~16時まで。
21日(火)は、10時~16時まで。
22日(水)は、10時~16時まで。

27日(月)は、10時~16時まで。
28日(火)は、10時~16時まで。
29日(水)は、10時~16時まで。
31日(金)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu