私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)

天職考

2019-02-12

仕事をするならば、自分に合った仕事に就きたい、天職に巡り合いたい、と望むでしょう。

しかし、天職、という名の職業が、どこかにあって、それを探り当てたら、その後は、安泰、というものではありません。

最初から天職は存在しない、ということでしょう。

それでは、天職とは何か、ということですが、それは、結果的にそうなっている仕事、と称するのが、ピッタリです。

何か仕事に就いたら、それに一生懸命に取り組むことが、天職形成の第一歩です。

それを継続していって、もしも、その最中に、うつになったりして、その仕事に向き合うことができなくなったら、それは、私の天職ではない、と教えてくれます。

仕事にちゃんと向き合えば、天職に成り得る仕事か否かは、そうして、私の体と心がしっかりと示してくれます。

天職の形成の道は、決して、楽しく、うれしいことばかりではありません。

苦しく、つらいことの方が多いかもしれません。

しかし、だからこそ、そこで味わう楽しさ、うれしさに心底酔えるのです。

その仕事に一生懸命に向き合い、取り組み続ける、という、身を捧げる仕事が、天職へと昇華していきます。

天職なのか、どうか、などと細かく意識をしないで取り組む仕事が、天職となっていく、と言えそうです。

また、最初から天職という名の仕事が存在していて、それを探り当てることに熱中してしまっては、私たちの豊かな才能の発揮場所が無くなってしまいます。

仕事に一生懸命に取り組み続けることは、私の才能を育て、発揮していくことと同義です。

天職とは、私の才能を育て、開花させていく仕事の現場、そのものです。

 

真の謙虚な人、真の理解者、大人のたしなみがある人。

2019-02-11

私は、私の人生しか歩めません。

私以外の誰かの人生は、歩めません。

ですので、私以外の他者を自分のことのようによくわかる、というのは、心情的にはそうでも、実際は、そうではありません。

私以外の他者の人生は、わからない、というのが正解でしょう。

そのわからないことに、批判や、断罪を与えるのは、暴力と言えるでしょう。

わからないけれど、私以外の他者の人生に、関心を示す、寄り添う、受け入れる、好きではないのなら、適度な距離を取る、というようなことができる人が、真の謙虚な人、でしょう。

また、自分と異なる人々を、何も色をつけずに認められる人が、真の理解者、でしょう。

自分と違う他者に、批判などを与えてしまう人は、とても寂しい人です。

他者を抑え込むことで、自身を浮かび上がらせようとする人、です。

そんな寂しい人には、同様に、寂しい人々しか寄って来ませんので、その心の飢えは、果てることはありません。

真の謙虚な人、真の理解者になることを目標とすれば、寂しい人にはなりません。

他者から、大人のたしなみがある人と、一目置かれるでしょう。

 

素晴らしい他者となり、「生きた情報」を伝え合う。

2019-02-10

人生は、私を探し、訪ねる旅ですね。

そこに大きく関わってくれるのは、私の周囲の他者たちです。

他者と接触して、そこでかけられた言葉などで、私がその時どう感じたか、に注目することです。

その感触は、私に近づくことを意味します。

その感触を大切にすることです。

かけられた言葉に、「その通りだな」と思えば、そのように行動すればよいですし、反対に、「それは違うな」と感じれば、それと異なる方向へ進みましょう。

そうして、私の感触を信頼すれば、他者への不要な怒りと無関係でいられます。

他者への依存をしなくてすみます。

自由でいられます。

他者は、私の探究に、素晴らしく貢献してくれる存在です。

ならば、私も、そのような他者となりましょう。

隣人に、思うこと、感じることを伝えてあげましょう。

それが、「生きた情報」です。

 

私を探す場所に光を当てて、私たちが輝く豊かな社会へ貢献したい。

2019-02-09

毎日を心穏やかに過ごせたら、それこそが幸福、と言えるかもしれません。

今、そうではない人が、世の中に多いような気がします。

それで、社会がギシギシ軋んでいるのでしょう。

毎日を穏やかに過ごすには、心に余裕があることが必須です。

今、「心に余裕を持つ」ことの実現が急務でしょう。

それでは、心に余裕を持たせるには、何が必要なのでしょう。

それを今、良く考える時、と言えそうです。

ここに生きる私たちは、私を探しています。

しかし、その場所を間違えている可能性があります。

そのため、心に余裕が発生しにくいのかもしれません。

私を見つける正しい場所にたどりついたなら、おのずと自己を信頼し始めますし、自身の評価も、いたずらに低めずにすみます。

私は、これまで18年ほど、この仕事を続けてきました。

そして、これからも、続けていくでしょう。

それは、私を探す場所に光を当てて、私たちが輝く豊かな社会への貢献を願っているからでしょう。

 

自分との対話の時

2019-02-08

先日、朝、家の掃除をしていたら、不意に「更年期、終わった」と、口をついて言葉が出ました。

57歳5か月で、とうとう更年期とさよなら、です!

私の場合は、その期間は、11年ほどでしたでしょうか。

(46歳の頃、突然、階段を上る時、両膝がガクガクして、更年期を実感しました)

その間、結構、いろいろありましたが、その期間は、体調が、自身のその時の状態をもれなく映し出す、正直な鏡になっていた、と感じます。

自分のエネルギーが減ってくると、それが如実に体調に表れるようになりました。

そこで、昨日のブログの内容となったのです。

どのような時にエネルギーが無くなりやすいのか、を探ることは、自分を知ること、です。

更年期は、自分との対話の時ですね。

その期間は、あまりうれしくはありませんが、自分を知る手がかりが得られるチャンス到来です。

体調が良かった若い頃を、懐かしみ、今を憂いでは、せっかくのそのチャンスが素通りしてしまいます。

若い頃も過ごしてきた、今だからこそ、そのチャンスを獲得できるのです。

また、自己をいたわること、優しく接してあげることも、この時期から、大手を振って、できますね。

私も、自分を大切にしながら、これからをしっかりと生きていこうと思います。

 

2 / 23712345...102030...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

2月度のお申込み

2月分のご予約を承ります。
  
22日(金)は、10時~16時まで。
23日(土)は、10時~16時まで。

25日(月)は、10時~16時まで。
26日(火)は、10時~16時まで。
27日(水)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu