私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)

人生は、幸福になるためにある。

2019-05-04

春バラの季節が、やってきました。

毎年のことですが、やはり、バラを見に行くと、心が躍ります。

お花は、私たちを幸福にしてくれます。

明けた令和時代、幸せにならずして、どうしますか?!

人生は、幸福になるためにある、のです!

先回のセッションでも、そう確信しました。

結果的に、セッションでは、その方の今後の幸福について、いかにそれを得ていくか、を、語っています。

私が望む幸せが手に入る時代に、もう入っています。

さあ、私を信じ、何度でも、私の幸福を望み、手に入れてまいりましょう。

 

これからのリーダーたちへ

2019-05-02

昨日は、これからの新時代に求められるのは、バランス良く生きることで、優しさと厳しさを併せ持つことを、例に挙げました。

その優しさと厳しさを併せ持つことが、最も求められるのは、リーダーでしょう。

家庭なら、親です。

親は、その群れを率いていくリーダーです。

その群れの中で、子どもたちに生きていく術(すべ)を教えていくことが、親の使命です。

ほめ育ては、すばらしいのですが、ほめ一辺倒では、子どもは、たくましく育ちません。

セッションで、子育てのご相談を受ける時、そう実感させられます。

子どもは、親に、ほめてほしいし、叱ってもほしいのです。

そのため、わざと、子どもは、親に叱られるような行動を取ったりします。

その時、きちんと叱ってあげることで、子どもは、ああ、親は、自分のことをちゃんと見てくれている、親身になってくれる、と安心できるのです。

ほめ育て、大いに結構です。

同時に、叱ることができる親となりましょう。

また、職場も群れ社会です。

そこで、何らかのリーダーの位置にいる方の悩みも、なかなか深いようです。

その方々のあり方も、親と同様です。

ほめて部下を育てることは、できても、案外、その人々に、厳しいことを伝えるのは、躊躇してしまうのかもしれません。

しかし、優しさと厳しさは、二つで1セット、どちらも欠けては成り立ちません。

まずは、ご自身に、優しさOK! 、厳しくてもOK!、と、言ってあげましょう。

そう安心させてあげてください。

上手に、子どもに、部下に、厳しさを示せる人が、これからの頼もしいリーダー像、なのでしょう。

 

バランスの時代、到来。

2019-05-01

令和時代が、幕開けました。

これからが、もっと幸多かれ!、でありたいですね。

さて、それでは、私たちに、これから、何が求められるのでしょう。

私は、これからは、いよいよ、バランスの時代、と感じています。

バランス良く生きていくことが、幸多かれ、につながる、と考えます。

たとえば、優しさを持つ、ということは、すばらしいのですが、今までは、人格を磨きたい人は、優しさだけの保持を自分に強いて、それだけを人に示してきたでしょう。

しかし、これからは、優しさを持ち、それを表現するには、厳しさも同様に併せ持つこと、が、求められます。

たとえるならば、大日如来と不動明王のように、です。

そのバランスをうまく図れる人が、新しい人格者、となるでしょう。

また、優しさだけではなく、時には、厳しさも示せる人、が、ほんとうの強い人でしょう。

強さは、そのような相反する両軸が、支えるのでしょう。

そう考えると、以前よりも、もっと自然に生きていくことができそうです。

バランス良く生きるとは、自然体で生きる、ということでもあるのでしょう。

 

過ぎ去るものに、ありがとう、そして、やがて、清純な土台となっていく。それが、生きた証。

2019-04-29

平成も、いよいよ残り少なくなって、今、新しい時代を迎える節目ですね。

新しいものは、古いものに支えられます。

過ぎ去っていく平成時代は、これからの令和時代を支えます。

平成までのすべての時代が、これからの令和時代の土台となります。

まずは、私の平成に、ありがとうございました、と言いましょう。

その間に、良いことも、そうではないことも、起きたでしょう。

しかし、それらすべてがあったから、これからがあるのです。

だから、これまでのすべてに、ありがとう、です。

獲得した、すべての経験知を携えて、私たちは、これからを進みます。

今の私には、記憶はないけれど、今よりもずっとずっと、ずっと前の、見知らぬ先祖たちも、私の土台となってくれています。

平成にありがとうと、清らかに言えたなら、その下の、すべての土台にも、その清浄な声は届きます。

それが、血脈を越えた、すべてを網羅する先祖供養でしょう。

そして、その純粋な声は、これからの新しい時代にも、反響するでしょう。

そうして、これからの新しい時代を生きていく私たちは、やがて、その先の人々の清純な土台となれれば、すばらしいですね。

それが、生きた証、です。

 

変化、自然な流れ。

2019-04-28

平成から令和への改元は、私が決めたことじゃない、決められてしまったこと、と思うのは、自然なことでしょう。

しかし、私たちは、みな、つながっています。

知らない人とも、間接的につながり合っています。

私の歯車は、近しい人々の歯車と噛み合い、その歯車は、また、誰かと噛み合っていて、さらに、それは、知らない誰かと噛み合っています。

すると、一方的な物事の流れではなく、双方向の流れが、そこに生じます。

改元も、表面的に見れば、私たちは、そこに乗るしかない、という一方的な時代の流れではありますが、もう一方の流れが、そこには潜んでいると言えそうです。

それは、私たちも、変わりたかったので、改元、という変化に協力した、というものです。

今月は、それを実感させる内容が、セッションでは話されました。

そして、私は、そう実感したのです。

私たちは、変わりたがっている、だから、環境を変化させようとしている、それが、改元につながった、という理解です。

ならば、私を変わらせてあげましょう。

変化には、不安は、つきものかもしれません。

その不安を、今、世の中に感じてはいますが、大丈夫、と、私に言ってあげましょう。

変わること、は、今、私たちにとって、自然な流れです。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。

21日(水)は、10時~16時まで。
23日(金)は、10時~16時まで。
24日(土)は、10時~16時まで。
25日(日)は、10時~16時まで。

26日(月)は、10時~16時まで。
27日(火)は、10時~16時まで。
28日(水)は、10時~16時まで。
30日(金)は、10時~16時まで。
31日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu