私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)

啓示と三昧

2019-06-03

ずっと探していた答えが、ある時、ふいに、「ああ、そういうことか」と、すっと腑に落ちることがあります。

それは、今後の人生を照らしてくれる、有り難い啓示でしょう。

それは、ますます私を信じる下地となり、私を支えてくれます。

その啓示を、それでは、どうしたら得られるか、ということですが、まずは、求める答えを、ずっと探し続けること、です。

求め、考え続けるのです。

そして、煮詰まったら、もう、そのことについて何も考えない、求めない、という態勢をとります。

考え続け、求め続けることと、何も考えない、何も求めない、の双方が必要です。

その二つの域に、その時、その時、どっぷりと浸かることです。

その相反する双方は、”三昧”を意味します。

三昧は、純粋で、清らかな場所です。

そこに身を置くことで、探し、求めていた答えは、やがて、私に降り注ぎます。

 

母性愛の言葉

2019-06-02

昨日は、「私たちは、いくつになっても、母性に包まれて安心していたいのだ、と思います」と書きました。

すると、その安心を相手に与えてあげられる人が、人間関係を円滑に結べる人、となるでしょう。

それには、言葉がけ、を、挙げましょう。

もし、思い通りにいかなくて、気分を暗くしている人がいたら、「その経験は、きっと、これからのあなたを支えてくれるよ」と、温かく声をかけてあげてもいいかもしれません。

その言葉を口にすることは、相手に、それを伝えることではありますが、同時に、自分自身にも、そう言ってあげること、です。

その言葉の、愛のエネルギーは、相手にも、私にも、浸透するでしょう。

その言葉は、人生を主体的に生きていくことを示唆しています。

人生は、いかに、経験を積めるか、にかかっているのではないでしょうか。

子育てにおいても、その言葉を是非、大切な子どもたちに、渡してあげてほしいです。

失敗も、成功も、すべて、そして、その一つ、一つが、私の人生にとって、かけがえのない、有り難い、すばらしい経験です。

そのことを、温かく、伝えてあげられたら、あなたも、私も、母性愛に包まれて、明日に希望が持てるでしょう。

 

母性と女性

2019-06-01

私たちは、いくつになっても、母性に包まれて安心していたいのだ、と思います。

その願望が果たされていないと、世の中は、潤いを失くし、ギクシャクしてしまうのでしょう。

「母性」は、女性だけに求められるものではない、と言っても、母という字がついてしまうため、この言葉を見て、聞いて、母を、女性を連想しないことは有り得ないでしょう。

みんな、おかあさんから生まれてきた、というのは、事実なので、”母恋し”の念は、誰もが持っているのではないでしょうか。

男女平等社会の推進は、結構なことです。

しかし、それは、建て前、です。

その建て前が強くなればなるほど、そこに隠れている本音も強くなっていきます。

男女平等だから、女性に母性を求めてしまうのは、はなはだ嘆かわしい、それはやめるべきだ、と言っても、それは、所詮、地に足がつかない、きれいごと、です。

そういった文言を目にしても、女性は、それを鵜呑みにしないことです。

それも、あって、しかるべき社会ではありますが、もう一方の本音に逆らうことはできません。

建て前と本音、本音と建て前、それらは、いつも一対、切り離すことはできません。

女性は、母性を求められるという本音に向き合うこと、です。

そして、男女平等を堂々と求めていくこと、です。

そのバランスに目を向ける女性は、心に余裕があります。

その余裕が、豊かな母性に包まれた社会を形成し、世の中を潤し、善進させるでしょう。

 

一休みいたしましょう。

2019-05-31

人生は、走ってばかりじゃ、息切れします。

時々、休みながら、英気を養いながら、ゴールまで走り続けたいですね。

そのお休みを、嫌う人が、まだまだ多いのかもしれません。

「怠けてるんじゃない!」と、必要な休みを私に与えてあげない人に、よく出逢います。

その厳しさは、他者から「偉いですね」と、ほめてもらうために、堅持したいのかもしれませんが、そればかりの人生は、肝心の私自身が、弱ってしまいます。

何か、一つのことが終わった時、「ああ、よくやったな」と、美酒に酔う時間を、私に与えてあげましょう。

その時間をあげれば、苦労は報われ、心は満足して、次の人生のステージに向かえます。

しかし、その時間を取らずに、追い立てるように、次へ進ませようと、私をけしかけても、心は飢餓状態なので、すんなりとはいかなくなってしまいます。

人生に、ちょくちょく、おいしいお酒を飲ませてあげるように、休憩時間を取ってあげれば、次に進みやすくなるので、結果的に、人生は、程よい速度で進みます。

ちなみに、最近、私は、二人の子どもたちが、それぞれ独立して、家を離れました。

すると、家事がとても楽になりました。

これからのことを考えたいのですが、まずは、よく子育てしてきたな、と、一息入れたいと思います。

 

幸福への道

2019-05-30

日頃、幸福へのアプローチについて、このブログに記していますが、今回は、それを裏から見てみます。

そして、具体的な幸福への道を示したいと思います。

 

・笑顔がない、笑顔を人に向けない。

・不幸の原因を周囲の人々や環境のせいにする。

・聞き取りにくい小さな声で、不明瞭に話す。

・耳にして、不快になるような言葉を相手にぶつける、毒を吐く。

・離れていく人をしつこく追う、強い執着をその人に示す。

・人の言うことに耳を傾けない。

・素直にならない、相手につっかかる。

・自身は、相手に私を受け入れて、と迫るが、相手のことは受け入れない。

・自身の幸福ばかりを願う。

・自身の幸福を他者からもらおうとするが、他者へは愛を渡さない。

・被害者の域に入りたがる。

・感謝の念を持たない。

 

こういったことを実行すると、見事なまでに、望む幸福は、遠ざかっていきます。

これらの正反対のことを実行すれば、幸福は、私に近づきます。

私たちは、生きていれば、いやなこと、つらいことなどにも遭ってしまいます。

しかし、自ら、幸福への努力を成さなければ、幸福は、”絵に描いた餅”のまま、です。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

6月度のお申込み

6月分のご予約を承ります。

21日(金)は、10時~16時まで。
22日(土)は、10時~16時まで。

24日(月)は、10時~16時まで。
25日(火)は、10時~16時まで。
26日(水)は、10時~16時まで。
28日(金)は、10時~16時まで。
30日(日)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu