私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)

ずっと不確実な時代だった。

2019-03-27

今は、将来が見通せない、不確実な時代なのでしょうか。

そのため、私たちは、生きることに不安を抱え、四苦八苦しているのでしょうか。

ああ、もっと良い時代に生まれたかったな、と、ため息ばかりをついているのでしょうか。

しかし、おそらく、これまでの時代も、不確実の連続だったでしょう。

そうでなければ、不確実でなければ、時代の進歩は、無かったでしょうから。

そうして、その土台の上に、今があるのでしょう。

末法の始まりの頃は、仏教の宗派が次々と興って、そこに生きた人々は、そこにすがることで、心を乱す不安を解消しようとしたのかもしれません。

あれから1000年近く経って、さて、私たちは、何をよすがにすればよいのでしょう。

残念ながら、あの頃のように、私の外側にすがれるものが、今は、見い出せません。

ならば、やはり、自分の内側に、よすがを見つけることでしょう。

それが、今、できます。

今、できる時代です。

なんと、私たちは、幸せなのでしょう!

私の内側に、よすがを見つける、とは、人生の経験を一つでも多く積んで、自分を信じることを増やしていくことです。

そうして、この不確実な時代に、確かな自信を積み上げていくことです。

不確実な時代だからこそ、確実な私を見つけられるのです。

私は、そこにお役に立てます。

 

権利と義務、優しさと怖さ。

2019-03-26

権利と義務は、それぞれ単独では存在しません。

それらは、表と裏、のように、2つで1セットです。

権利を主張すれば、そこで義務を果たすことが求められます。

また、義務を果たして初めて、応分の権利が与えられます。

仕事なら、それに付随する義務を果たして、報酬を得る、報酬を得るならば、仕事の義務を果たすことが前提、となります。

その双方を理解している人、そして、そのバランスが保てる人が、世の中の道理をわきまえている、分別のある大人、でしょう。

そして、そういう人が、AIとうまく共存して、生き残れるでしょう。

今、私たちの生活がしやすいように、女性が活躍しやすいように、子育てがしやすいように、仕事がしやすいように、さまざまな取り組みや施策が発表されています。

それらは、私たちに、その権利を有する幸福を与えてくれる、優しい取り組み、施策です。

しかし、その優しさに触れて、温かい幸福を享受するには、応分の義務をしっかりと果たさなければなりません。

その義務を果たさず、権利ばかりを求めてしまうと、周囲の反感、反発を招き、生きにくさを抱えます。

それは、人に優しい取り組み、施策の裏側の怖さでしょう。

優しさと怖さも、2つで1セットです。

 

肉声の役割

2019-03-25

セッションで、いろいろとご相談をうかがっていると、今、世の中に何が足りていないか、に気づかされます。

また、私たちは、何を求めているのか、もわかってきます。

そして、それらを埋められれば、私たちは、もっと、各段に生きやすくなる、と確信が持てます。

今、ここに圧倒的に足りていないのは、肉声、でしょう。

私たちは、肉声を用いなくても、コミュニケーションはとれます。

しかし、肉声には、単に、言葉の意味以外の多くのものを含む良さ、があります。

肉声は、真の情報の伝達という役目を担います。

肉声が乏しくなった今だからこそ、肉声を多く発する人は、役立つ情報を得やすくなります。

そして、日々の判断を、それが助けてくれる幸運にも恵まれます。

今、肉声が少なくなってしまったことで、私たちは、孤立しやすくなったように感じます。

私たちは、群れ社会に生きる動物です。

孤立は、つらいです。

心が凍ります。

交わす肉声は、人々の間に、共感を生みます。

共感は、連帯感となり、どちらも、群れ社会の必須アイテムです。

 

まあるい力、やわらかい力。

2019-03-24

恋愛のご相談を受けると、その方が女性の場合、女性の力を思う存分発揮できるチャンスが恋愛なんだな、と感じます。

その力は、恋愛の他には、結婚、子育てにも十分、発揮できます。

そして、その力は、それ以外の職場の人間関係なども含めた、すべての人生の場においても、生かすことが可能です。

その場、その場で、その力の強弱の違いはあっても、それがそこに有るか、無いか、では、本人の人生にも、その周囲の人々の人生にも、際立つ差が生じるだろうと察します。

女性がその力を失わずに、その場に応じて発揮していくことは、その人自身に課せられた立場や役割を、見事に果たすことにもつながるでしょう。

すると、そこに、幸福が、いくつも芽生えるでしょう。

その力は、まあるい力、です。

やわらかい力、です。

女性活躍時代だからこそ、失いたくない力、です。

 

立場を守る

2019-03-23

セッションでは、子育て中の親の立場から、子どもへの接し方についてのご相談を受けることがありますが、その反対に、大人になった子どもから、親への接し方についてのご質問を受けることもあります。

そのどちらにも共通している回答は、自身の立場を守る、ということです。

親なら、親の立場から逃げずに、その立場を守りながら、子どもと接する、ということです。

大人になった子どもは、子どもの立場を守りながら、親と接する、ということです。

育ててもらった恩を親に返さなければならない、それが親孝行だと、思いがちですが、どんなにがんばっても、親の立場に、子どもはなれません。

親孝行しようと、不仲な両親の間に深く割って入っても、どちらの親の立場にもなれないので、その努力は報われにくいです。

また、両親は、互いに向き合うことにこそ、それぞれの成長がある、とも言えて、そこに、子どもが割って入ることは、そのチャンスを妨害してしまうことにもなりかねません。

私たちは、自身に課せられた立場、役割を大切にして、それらに真摯に向き合うことが求められます。

それを実行することは、親孝行も含め、周囲の人々の役に立つこと、と言えます。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

5月度のお申込み

5月分のご予約を承ります。

1日(水)は、10時~16時まで。
3日(金)は、10時~16時まで。
4日(土)は、10時~16時まで。
5日(日)は、10時~16時まで。

6日(月)は、10時~16時まで。
7日(火)は、10時~16時まで。
8日(水)は、10時~16時まで。
10日(金)は、10時~16時まで。
11日(土)は、10時~16時まで。

13日(月)は、10時~16時まで。
14日(火)は、10時~16時まで。
15日(水)は、10時~16時まで。
17日(金)は、10時~16時まで。
18日(土)は、10時~16時まで。

20日(月)は、10時~16時まで。
21日(火)は、10時~16時まで。
22日(水)は、10時~16時まで。

27日(月)は、10時~16時まで。
28日(火)は、10時~16時まで。
29日(水)は、10時~16時まで。
31日(金)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu