私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

2005-12-03 HNさん

こんにちは。
11月18日の午前中に、チャネリングをお願いしたNです。
少し、お礼が遅れてしまいましたので、あのときのことをいろいろ書いても、ご記憶が薄いかと思いますが……。
また文章では、あまり率直に書くと、かえって失礼ということもありますが、そのあたりは差し引いてお読みいただけたら幸いです。

あの日のことで、今も一番印象に残っていることは、不思議なことに自分ではなくて、潮田さんのことです。あまりにもサイトのお写真と違っていて、待ち合わせで、ちょっとわかりませんでした。
でも、何か不思議な感じの人がいると思って見ていたら、お手に 金色の携帯(見たこともない機種でしたね…)をお持ちだったので、やっとご挨拶ができました。
これがオーラというものかと、まったくそういう感覚がない私にも、光のようなものが感じられました。赤と、金と、紫のような。
ですが後ろ姿などは、もしかすると失礼かもしれないのですが、 どこかアンバランスな感じもあり……全く、今日までに見たことのない 感じの方でした。日本人には見えなかったのですが、ならどこ人? と聞かれると答えられないような。
そしてお部屋で向き合うと、今度は潮田さんの思いがけないほどの美しさに息をのんでしまいました。思いがけない、というのは失礼かも しれませんね。話しているときの主婦風に振る舞っておられる印象が、 ふと言葉が切れたときに発する輝きが、尋常ではなかったのです。

チャネリングに伺ってから2日間ほどは、自分が別人になったかと 思うほど、心が軽くなりました。緊張が緩んだのか、昼も夜もとろとろと眠りつづけて、なぜか髪質が変わってしまったり。
ですがその後、だんだんともとの状態に近づきつつあります。
それでも、あのとき潮田さんにアドバイスしていただいたように、夫に感情を見せるように努力し、それはし続けています。
リラックスできなくても、リラックスするようつとめていますし、電話では明るい声を出すようにしています。十年できなかったことが、あの日を境にできるようになってきました。
おそらく、どこか私の深いところで、ずっと夫に対して感じてきた 恐怖心の正体が腑に落ちたのだろうと思います。

正直、私は霊的なものを、あまり実感できずに生きて来ました。
前世とか魂の話を人に聞いても、拒絶はしませんが、そういうことも あるかもな……くらいにしか感じられません。40年ほどしか生きていない肉体が理解できることしか、理解しないという人間です。
その私が、友人の紹介があったとはいえ、潮田さんのようなお仕事の方を頼って出かけたということ。このことだけを取っても、私は 夫との関係で、限界に近い緊張を感じながらも、それを諦めてはいなかったのだと思います。
数百年の昔、遠い外国で、私が違う体に入っていたことがあった。
そして、彼はとても美しいものに満たされていながら、残酷に 殺された……というお話を、あの日潮田さんに伺いました。
正直、まるで実感はできないのです。ですが、どうしてかそれは 確かに自分だと感じられました。私は確かに、彼が知っていた美しいものを知っていると。そして彼の絶望も、人ごととは思えず 理解できたのです。
今の人生よりも前に、何度も縁があったという夫との関係も、奇妙に しっくりと理解できました。
残酷に死に、あるいは激しい執着を断ち切られてしまった、彼らが可哀相でなりません。どんな生きものにも平等に訪れる死が、彼らにも訪れたというだけ。それだけのことだというのに、ひどく可哀相で、泣きたいほどの気持ちになります。
そうやって何度も終わってきた人生を、それなりに一所懸命に生きただろうに、今またこうしてこの平和で栄えた、けれど殺伐とした国に 生まれたのは何故なのでしょうか。私が生きていられるこの数十年が、数百年の間に負って来た傷を、少しでも癒すことができるのでしょうか?

私は、何年もの間、抑鬱状態に苦しんできました。子供が育ったら死んでもいいのだと考えることだけが、長いこと私の救いでした。
死ぬまでには夫とは別れたい、死ぬときにこの人の妻なのはイヤと、 ずっと思ってきました。
そんなことばかりを考えて、何年も暮らしてきた気がします。
けれども、実は少しずつそこから踏み出していて、だから潮田さんのところへ伺えたのではないかと思います。歩けなければ、救いを求めることも できません。
子供たちのことも、まるで会ったように仰るのが、素直に不思議でした。
近所の、同じ学校のお母さんと話しているような錯覚さえおぼえました。
私はずっと、自分が子供たちに生かされていると感じてきましたが、 今はそれだけではないとわかりました。
大きな織り物の糸のように、私たちは旅をしては出会い、別れて、また違う糸と出会って、全体がどんな絵かはとてもわからないけれど、何か見たことも想像したこともない、一つの模様を作り上げているのではないかと……そんなふうに、感じます。

チャネリングの最初に「夜は眠れますか」と訊かれたことに驚きました。 何年もの間、眠れないということで苦労してきたので。
そして、私が眠りながらどこかへ遊びに?行っているということを 教えていただき、何だか楽しくなりました。
昨日のメルマガで、瞑想のことを書いておられましたが、私のは無意識にどこかへ飛んでいってるのですね。一体どこへ行っているのか、意識を保って行ってみたいものです。
これも、訓練によっては、意識できるのでしょうか。
私は頭の固いほうなので、難しそうな気もしますが。

そして、あの日から改めて思うことは、自分がほとんどのことを 理由もなく受け入れているということです。受け入れるばかりではなく、理由も知らずにこだわったり、言い張ったり、自分を傷めつけたり。
私だけではなく、多くの人がそうなのではないでしょうか。
どうしても許せない人、許せない言葉。だけどそれを許せない本当の理由を、私は知らないのです。
まるで、怖れを知らずに暗闇を歩き回っているように。これでは、つまづくのは当然だと思えます。

瞑想についてのお言葉を少し一所懸命に読んでみますと、無意識を呼び、保つことと頭の固さは、あまり関係がなさそうにも思います。
自分の心の力でもって理由を探り、そしてやはりこれ以上は わからない、助けてもらいたいと思ったときには、またお伺い するかもしれません。

そのときには、どうぞよろしくお願いいたします。ずいぶん長く書いてしまい、すみません。
寒くなってきました。どうぞお体をご自愛下さい。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

みなさまからの感想や体験談です

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu