私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

そこにいた女の子

2019-08-13

セッションでは、故人と接触して、その方からのメッセージをお伝えすることもあります。

ある時、お子さんのことを話された方がありました。

その方は、そのお子さんを今、生きているように話されましたが、実際は、数年前に亡くなられていました。

その方は、そのお子さんの死を受け入れられないまま、数年が経ってしまったのでしょう。

私は、いつものように、その方のお話に集中しようとしましたが、その時は、どうしても、それができませんでした。

なぜなら、私の横に、そのお子さんの存在をしっかりと感じたからです。

ご相談者と私の間には、テーブルがあるのですが、私の横で、テーブルに両手をかけて、私に興味を抱いて、私の顔をいたずらっぽく見つめる女の子が、そこに立っていました。

私が、そのお子さんを見ると、うれしそうに、親しそうに、にっこりと笑います。

顔立ち、表情、背の高さ、など、よくわかりました。

5歳くらいの女の子でした。

私は、その方に、その子のことを告げると、「実は、もう亡くなっているんです」と答えられました。

おかあさんの亡くなったお子さんへの想いが、とても強いと感じましたが、すると、その亡くなったお子さんも、今、まるで、ここに生きているかのように、振る舞うのがわかりました。

おそらく、今でも、そのおかあさんに、その子は、ずっとついて、寄り添って、行動しているのでしょう。

その意味で、亡くなったあと、この世に執着、未練が強いと、生きていたままの姿で認識されます。

反対に、それが薄いと、人の姿では現れずに、一つのエネルギーとして、想いだけを伝えてきます。

さらに、生きている人と、亡くなった人は、互いに同じ温度、濃度で、相手のことを想っている、とも言えます。

この方のように、亡くなったお子さんへの想いが強いと、そのお子さんも同じように、おかあさんを強く感じています。

一方、故人への想いが落ち着いて、次第に薄まっていけば、相手も、同様に変化していきます。

 

 

光を見つける生き方

2019-08-09

ただ「ありがとうございます」と、謝意の言葉を口にするだけで、この人生は良いのかもしれません。

その言葉を素直に口にする時、私も、私の周囲も、すべてその色に染まり、輝くでしょう。

その言葉を明るく口にした時、私の人生は、新しいステージに向けて動き出すでしょう。

そして、その言葉は、私より先に人生を歩いてくださった、すべての方々の存在を認めることも意味します。

それは、その方々を尊ぶことです。

最高のご供養です。

いつも「ありがとうございます」の言葉とともに一生懸命に生きること、です。

それは、光を見つける生き方です。

慈しみの光に包まれ、新たな光を生み出す生き方、です。

 

感謝

2019-08-07

もう何年か前のことですが、セッションにいらした方が、広島の病院に入院していた、と話されました。

そのお話を聴いていると、しだいに、その病院の下に眠っている、無数の女性たちの言葉が聞こえてきました。

それは、おそらく、あの原爆で命を落とした人々でしょう。

「私たちの分まで、がんばって生き抜いて」と、聞こえました。

それは、そのご相談者にも、そして、私にも投げかけられたようでした。

なんだか、ジーーンとしました。

その方がお帰りになった後も、その余韻の中に、私は、いました。

そして、そのことを、毎年、この時期に思い出します。

そして、手を合わせます。

文字通り、その方々の上に、私たちは、生きています。

その方々が、私たちを支えてくれています。

感謝、しかありません。

 

私から逃げない

2019-07-06

幸福になるのも、成功するのも、私らしく生きるのも、それらの根底は、「私から逃げない」ということです。

幸福も、成功も、私らしいことも、すべて、私がそう感じること、です。

ですので、私以外の場所に、幸福も、成功も、私らしい生き方も、有り得ません。

私の人生は、私と向き合ってこそ、なのです。

私から逃げずに、向き合えば、解決しない問題はないのです。

”越えられないハードルはない”、のですから。

その問題に取り組むことで、数々の人生での気づきや学びを得られます。

そこに、幸福も、成功も、私らしさも、が、生まれます。

今、それを実行するには、とても良い時でしょう。

以前、ご自身のウエストの革ベルトで首を吊って亡くなった男性(面識が全くない人)に、少し、つきまとわれました。

それは、死に至った原因等を私に聞いてほしかったからです。

借金があったようですが、死しても、そのことと家族への詫びの気持ちをずっと抱えて、苦悩していました。

ゆえに、死しても、抱えた問題は、解決しません。

問題を抱えるのは、生きている証拠です。

私から逃げずに、向き合い続ければ、この人生を生き切ることができそうです。

すると、”立つ鳥跡を濁さず”で、この世から、きれいに去れるでしょう。

 

私の不思議なこと、学び、3。

2019-06-22

さて、幼い頃の子どもたちは、いろいろと不思議なことを話すことがありました。

上の子は、下の子に、「私が先に行くから、あとからおいで、と言って、滑り台を滑って、生まれてきたんだよ」と言っていました。

この世に生まれる以前から、彼らは、きょうだい、となる定め、だったのでしょう。

面白い話です。

上の子は、赤ちゃんの頃、昼寝をさせていたはずなのに、キャッ、キャッと、愉快に笑う声が聞こえて、私は、恐る恐る様子を見に行くと、彼女は、白い壁を見つめて、笑い声をあげていました。

でも、私に気づくと、急に真顔になり、笑わなくなりました。

その頃のことは、今の彼女は覚えていないのですが、きっと、赤ちゃんの彼女をあやしに、見えない存在たちが来てくれていたのでしょう。

下の子も、保育園から小1の頃は、さかんに、「人の背中には、翼がはえていて、心がきれいだと白いけれど、そうじゃなければ、黒くなって、小さくなっていく」と言っていました。

その頃は、彼に、私の背中の翼をチェックしてもらっていました。

なつかしい話です。

この世には、見えない存在もいるし、私たちが今、見えているものだけが、すべてじゃない、ということは、有り得るでしょうね。

 

1 / 1612345...10...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。

21日(水)は、10時~16時まで。
23日(金)は、10時~16時まで。
24日(土)は、10時~16時まで。
25日(日)は、10時~16時まで。

26日(月)は、10時~16時まで。
27日(火)は、10時~16時まで。
28日(水)は、10時~16時まで。
30日(金)は、10時~16時まで。
31日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu